2010年07月31日

プロデュースするコンサルタント続き

ですから、言ってみれば、有名なラーメン店の主人が、他の店にノウハウを教えに行くことも、コンサルティング業と言うことになりますね。
飲食業界だけでなく、さまざまな業界にもコンサルタントは存在します。

その中で、結婚式を作り上げたり、披露宴の演出を作りあげたりする、ブライダルコンサルタントと呼ばれる仕事があります。
結婚式のすべてを請け負って、全体のプロデューサーとなると言うことです。
このようなイベントごとに、それぞれのイベントコンサルタントは実在していて、それぞれに得意分野、専門分野があるのです。
そして、様々なイベントをプロデュースしています。
ある分野について専門知識が豊富にある人ならば、こうしたコンサルタントになれるでしょう。
凄腕プロデューサーと呼ばれるような、カリスマ的コンサルタントも存在し、テレビ番組などで取り上げられていますよね。

おわかりのように、問題を解決するようなコンサルティング業務とは、ちょっと業務内容が違いますよね。
問題が出る前、何もないころからのプロデュースですからね。
また、研修をすることとも、ちょっと違っています。
経験やノウハウを研修で教えてもらうのではなく、技を盗んで自分のものにすると言ったほうが適切でしょうか。
プロデュースするというコンサルティングは、知識と経験、そして、アイディア、それから何よりも実行することがものを言う仕事です。
ゼロから作り上げる、そのお店、会社を成功に導くという、とてもやりがいのある仕事だと思います。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントへの転職その1

みなさんは、コンサルタントのお仕事ってどう思いますか?
一般のサラリーマンから転職して、コンサルタント業に就きたいという人もいらっしゃるようです。
どうしてかと言うと、コンサルタントと言うネーミングが、まずカッコイイですよね。
とても人気のある職業ではないでしょうか。
また、給料が高い、所謂、「コンサルタントは高給取りだ」と思っている人が多いようです。

他業界の給料と比べてみると、コンサルタントのお給料は確かに高いこともあるでしょう。
ですが、それは入社時のお給料であり、30代、40代と進んで行くと、コンサルタントをしている人より、大手企業で働く社員の方が高くなるでしょう。

ほとんどの企業であれば、お給料にプラスして、様々な手当てが付きますよね。
福利厚生で社員寮があることなど、給与面以外のことでも恵まれています。

この点を比較してみると、少なくても外資系のコンサルティング会社においては、そのような待遇がある会社は少ないと言えます。
そうなると、給与だけを比べて、高いからコンサルタント業務に転職したいと思うのは、どうでしょうか。

では、給与面でなければ、どのようなことを求めて、コンサルタント業に転職したいのでしょうか?
それは、やはり、仕事へのやりがいを求めての転職だと思います。
会社の歯車にはならず、自分自身の力を試したい人が転職するのではないでしょうか。
自分が会社の役に立っていると、一般企業の仕事では直接感じることも少ないでしょうからね。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

経営コンサルタントと言う仕事続き

また、マネジメント能力も必要ですし、プロジェクトとして生み出す力も必要です。
これらの業務は社長の仕事とは違っていることがわかりますよね。

経営コンサルタントは社長のような仕事と言うイメージを持っている人がたまにいらっしゃいますが、説明してきたように、それは誤解といえるでしょう。
コンサルタントは、社長と同じく会社のトップに並んで、社員を引っ張っていくような仕事ではないのです。
依頼者である会社がより良くなるように、道筋は作ってあげるでしょうが、決定権や統率力がある仕事ではないと思います。

また、コンサルタントの仕事には、評論と言う業務もあります。
評論することは、とても重要です。
なぜなら、身内の立場で見ていたらわからないことも、第三者の立場から見れば、客観的にわかりますからね。
コンサルタントは客観的に見て、自分の思ったことを、意見として伝えます。

経営コンサルタントの場合も、依頼者である会社のために、他の企業が行っている戦略などを客観的に評価したり、分析したりするケースもあります。
他の会社を評論するケースもありますが、この時、ポイントになるのは、ただ評論するだけでないと言うことです。
他社の評論は、自分のクライアントである企業を良いほうに導くヒントとなっているのです。
評論を仕事としているコンサルタントと違って、経営コンサルタントは、生産することを仕事としています。
物を作り出す生産ではなく、会社の利益になるようなこと、業績アップとなるようなことを生み出し、実践させる仕事と言えるでしょう。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

経営コンサルタントと言う仕事

数あるコンサルタント業の中で、一番良く聞く機会が多いのは、経営コンサルタントではないでしょうか?
会社の業績を上げるため、経営コンサルタントを雇っているところも多いと思います。
では、実際に経営コンサルタントは、どのような仕事をするのでしょうか?
みなさんには、どのようなイメージがありますか?
経営コンサルタントは、それまで得てきた経験を生かしたり、または、データなどを参考にしたりして、経営のアドバイスをする仕事です。
現在ある問題点などを分析し、改善出来るように指導します。

このような業務内容であることから、以前、会社の社長をやっていたからと言って、経営コンサルタントに転業しようと思う人もいらっしゃるようです。
確かに一般社員と比べてみると、社長をやったことがある人は、企業、全体のことがわかっているかもしれませんよね。
経営ノウハウも持っていると自負している人も多いでしょう。
ですが、このような考えはちょっと甘いかもしれません。
経営コンサルタントは、調査や分析も行いますから、そうした仕事は社長業にはなかったことでしょう。
企業、経営について深く関わってきた社長業が、そのまま、経営コンサルタントの知識として使えるかと言ったら、そうである部分とそうでない部分があると思います。
経営コンサルタントは、調査し分析する能力を求められるでしょうし、また、それについての資料を作成する能力も求められます。
一方、社長はそのような仕事はしないですよね。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタント費用続き

また、外資系コンサルティング会社ですと、1億円を超える費用が発生する場合もあります。
これくらい高い費用になりますと、コンサルタントを頼みたくてもその費用が出せない会社も出てくるでしょう。
中小企業ならなおさらです。
コンサルタントにかける費用がそれほど捻出できないところも多いと思います。

そうなると、コンサルタントを依頼することを諦めるか、コンサルティング自体を諦めるか、または、自分たち、社員でコンサルティングをするかということになりますよね。
そこで、このような人達のために、インターネット上にとても助かるサイトがあります。
実は、コンサルタントのノウハウをネットで公開しているサイトがあるのです。

コンサルタントを雇いたいが、その費用が高すぎて依頼できない方にはありがたいサイトではないでしょか。
また、社員をこれからコンサルタントにしたいと考えている会社には、とても助かるサイトです。
また、経営戦略の策定方法や、中期経営計画、効率化のやり方を知りたい方、または、SWOT分析、バリューチェーンフレームワーク、他社における戦略事例が知りたい方などに向いているサイトです。
このようなためになるコンテンツが公開されているサイトもありますので、一度、検索してみてはいかがでしょうか。
社員でコンサルティングが出来れば、一番良いですからね。
これからはこうした、有意義なコンテンツ公開サイトが増えてくるのではないでしょうか。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタント費用

みなさんの会社はコンサルタントを雇ったことがありますか?
大手ですと、ほとんどの企業がいろいろなコンサルタントを雇ったことがあるでしょう。
または、コンサルティング会社と何社も契約しているところもあると思います。

コンサルタントは残念ながら、当たり、はずれのある業界だと言われています。
会社の業績アップのため、とても良い働きをしてくれたコンサルタントもいれば、費用がかかっただけで、それほど役に立たなかったコンサルタントもあるでしょう。

ところで、コンサルタントを雇いたくても雇えない会社もいます。
なぜなら、その費用がとても高いからです。
市場調査などの業務を頼んだだけでも、かなり高いと言います。
ですから、調査から分析、また、業務の改善など、一通りのコンサルティングを頼んだら、その費用は大変です。

参考までに、顧問として契約しているコンサルタントで、その費用はどれくらいなのでしょうか?
例えば、某コンサルティング会社の料金例を見てみましょう。
毎月2回ほどの訪問ですと、訪問1回当りで2時間のコンサルタント業務を依頼する場合、1ヶ月あたり、18万円と言う会社があります。
それが、週1回訪問ですと、1回当り2時間として、毎月、36万の費用がかかるようです。
また、プロジェクト型ですと、1日10万円、そして、拘束日数分かかります。
内容によっては、数百万円もするケースもあると言います。
また、経営戦略や、中間においての計画、効率アップ支援など、これらのコンサルティング料金は、1千万円になるケースもあります。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントと資格続き

ですから、大手のコンサルティング会社の社員には中小企業診断士の資格を持つ人が少なく、公認会計士が多いと言われています。
ところで、中小企業を対象としているコンサルタントは、相手は小さな企業です。
大企業を相手にした場合と比べてみると、お互いの信頼関係を築き易いのではないかと思います。
そして、こちらを信用してもらうには、その材料として中小企業診断士などの国家資格が重要になってくる場合もあります。

コンサルタントになるために資格は必要かと言えば、その質問の答えはNOです。
あれば有利になりますが、絶対に必要かと言われればそうではないでしょう。
ただ、相手に信頼してもらう材料にはなります。
コンサルタントの免許があるわけでもないですから、国家資格などがその材料になるわけです。

しかし、会社の経営相談を受けるため、数字には強くなければなりません。
会社経営には数字が必ず絡んできますから。
もし、数字が嫌い、もしくは数字が苦手なら、経営コンサルタントには向かないでしょう。
社員に会計士や税理士の資格を取ることを勧めているコンサルティング会社もあります。
また、ファイナンシャルプランナー、または、社会保険労務士の資格などは、取って置くよう勧めるコンサルティング会社もあります。
なぜなら、これらの資格は、コンサルタントになるために必須ではありませんが、実際にコンサルタントとして仕事をするときに重要な支えとなってくれるからです。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントについてその3

ですから、コンサルタント業界に転職したいと漠然に考えても、その先で何をやりたいのかが決まっていたほうが良いでしょうね。
一言にコンサルタントと言っても、タイプによって、仕事内容が変わってきますから。

では、コンサルタントには、一体、どのような種類があるのでしょうか。
有名なところで、みなさんもご存知の経営コンサルタントがありますよね。
また、ビジネスコンサルタントと呼ばれる人もいます。
M&Aコンサルタント、IPOコンサルタント、また、会計コンサルタントや物流コンサルタントもあります。
それから、システムコンサルタント、ITコンサルタント、また、ERPコンサルタントやSCMコンサルタントもあります。

他にも、技術コンサルタントや流通コンサルタント、それから、地質コンサルタント、建設コンサルタントがあります。
上下水道コンサルタント、再開発コンサルタント、また、環境コンサルタントや、建築コンサルタントがあります。

そして、労働衛生コンサルタントや、労働安全コンサルタント、また、医業経営コンサルタントもあります。
他にも、セキュリティコンサルタントやブライダルコンサルタント、アピールコンサルタント、5Cコンサルタント、そして、酪農経営コンサルタントがあります。
このように、一般にコンサルタントとして働いていると言っても、実はその専門はいろいろとあるのです。
コンサルタントになるには、その専門分野で豊富な知識を持っていることが必須ですね。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントと資格

コンサルタントとは人気のある職業です。
そのネーミングもなんだかお洒落であり、バリバリと働いているイメージがありますよね。
若い人たちもいずれはコンサルタントとして働きたいと思ったり、コンサルティング業界に転職したいと思ったりする人もいらっしゃるでしょう。
では、コンサルタントになるためには、どんな資格がなければいけないのでしょうか。

コンサルタントと言えば、身近なところで経済コンサルタントと言う職業があります。
経済コンサルタントは、中小企業診断士と言う資格を持っている人が沢山いらっしゃいます。
国家資格である、この中小企業診断士ですが、ネーミングの通り、中小企業を相手にする仕事であり、大企業ではありません。
大企業ともなると、業務が複雑になり、また業務の種類も多岐にわたり、中小企業診断士ではまかないきれないでしょう。
それは、扱う業務の複雑さが、大企業と中小企業とは違ってくるからです。

その証拠に、海外の大手コンサルティング会社で働いている方などは、中小企業診断士の資格を持っていない人も多いです。
もちろん、公認会計士などの資格を持っている人は多く見られます。
それは、大手のコンサルティング会社が出来た背景にも関係しています。
もともと、会計監査法人の中で、コンサルティング部門として発祥したと言われています。
ですから、公認会計士として働きたいと思った場合、会計系に最も近いコンサルティング会社に勤める人が多かったのです。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

労働コンサルタント

コンサルタントと呼ばれている仕事は、実にいろいろな種類の仕事が存在しています。
中でも労働安全コンサルタントと言うお仕事がありますが、みなさは聞いたことがありますでしょうか?

みなさんが普段やっているお仕事が、オフィスでの仕事でしたら余り縁のないコンサルタントかもしれません。
ですが、危険な現場、作業場などで仕事をしている人達にとっては、とても重要なことなのです。
労働安全コンサルタントとは、簡単に言えば、工事現場などで、感電したり、爆発したり、事故がないようにするコンサルタントです。
当然のことですが、危険を事前に発見することが重要になり、それを予防できるように改善して行くことを求められます。
事故を防止すると言うことは、そこで働く人の安全を守ることになり、もっと言えば、作業者の命を守ることになるのです。

労働安全コンサルタントの資格ですが、機械、電気、化学、土木、建築と言う、5つに区分されています。
試験も、産業安全一般試験と、5分野からの選択問題である、機械安全、電気安全、それから、化学安全、土木安全、また、建築安全の5つから選ぶようになります。

危険な職場で働く人にとっては、安全で快適な職場で働きたいという気持ちは当然です。
ですから、このようなコンサルタントはとても大切であり、重宝されています。
もちろん、資格があると言うだけではコンサルタント業は務まらないでしょう。
実際に現場で培った経験と知識を合わせ持っていることが望ましいと思います。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントへの転職その3

新卒でコンサルティング会社に入社した場合、転職が難しいと言うお話をしている続きです。
転職が難しいと言うのは、他の業務を行っている会社に移りたい時です。
と言うのは、コンサルティング会社に転職するなら問題はないでしょう。
それまで身に着けたコンサルタント業のノウハウを持って、同業他社に転職することは容易だと思います。
コンサルタントの仕事を覚え、常に良い仕事をしていれば、他社からヘッドハンティングに合うこともあります。
転職して給料が上がる、と言うことも十分に考えられます。

他の業種で働いていた人が、転職してコンサルティング会社に入るのは、新卒と比べてみてどうでしょうか?
事業会社を経験があるため、その業務に詳しいことになりますよね。
ですが、コンサルティング会社の仕事は、一般の会社とは違います。
ここで、仕事の仕方に慣れない、付いていけない、戸惑ってしまう人が多いこともあります。

それまでの会社でとても優秀な社員だった人も、コンサルティング会社に転職したのなら、まるで素人と言うことになります。
最初は仕事に付いていけなくても、採用されたことで、それなりの能力があると見込まれているのですから、それからのがんばりが物を言います。
それまで勤めた業界のことでしたら、得意分野となるわけですから、仕事を任せされるのも早いでしょう。
例えば、ホテル業界で働いた経験があるのなら、ホテルのコンサルタント業務を受けるにはふさわしい人材だと言えますよね。
ですから、転職で入社して、コンサルタントと言う全く違う業務をすることになっても、それまでの経験が生かされるかもしれないということです。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントへの転職その2

さて、コンサルタント業に転職したいと思う人、またはコンサルタントに向いている人はどんな人でしょうか?
それは、問題解決など考えることを楽しく思える人、またプロジェクトを動かすことが好きな人、プロジェクトを立ち上げるのが好きな人などでしょう。
これらは、普通のサラリーマンでは味わえない達成感もあるでしょうからね。
ですから、仕事にやりがいを求めている人、仕事が好きな人は、コンサルタントに転職しても大丈夫だろうと思います。
たとえ、転職後に、年俸が下がってしまっても、コンサルタントと言う仕事が好きなら、しばらくは我慢できるのではないかと思います。

もちろん、転職だけでなく、新卒でコンサルティング会社に入る人もいます。
新卒とはコンサルティング会社でしたら、大学卒が一般的でしょう。

新卒で入るメリットは、コンサルティング会社で最初から仕事を覚えられることです。
研修も豊富に行われていますので、若いうちから、仕事をどんどん吸収することができます。
若いと吸収力もありますから、仕事をどんどん覚えて成長して行けるでしょう。

ですが、新卒で入った人が、コンサルティング会社を辞めて、いざ、他の職業に転職しようとしたときはどうでしょうか?
事業会社での実務経験がゼロということになってしまいますから、転職の際に不利になると思われます。
同じようなコンサルティング関係の会社に転職するのなら、良いのですが、一般の会社だと転職が難しくなるかもしれません。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

企業診断とコンサルタントその4

また、展示会場などで行われるいろいろな産業イベントで、よく見かけますが、コンサルタントの方たちが無料で企業診断を行っているスペースもあります。
中小企業診断士の方たちが常時、そのブースにいて、無料で相談に乗ってくれるようです。
こうしたものを利用する手もあると思います。
ですから、企業診断に興味がある方は、お近くの産業イベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

お話ししてきたように、企業診断はとてもためになります。
会社の問題を解決したい場合は、コンサルタントを依頼するまえに、一度、企業診断をしてみることをお勧めします。
そして、自分たちだけでは解決出来ない問題は、コンサルタントに助言を求めることが良いと思います。

一般に経営コンサルタントなど費用が高すぎて雇えないと思っている方も多いようですが、利用形態によって、低予算で済むところもあります。
企業診断をしてみて、自分の会社にはどういうコンサルタントが必要なのか、具体的な進め方、どれくらいの頻度で助言してもらったら良いのか、また、期間はどれくらい必要かがわかってくると思います。
月に何回来て、何ヶ月くらいそれが続くのかで、費用も随分変わってきます。
短期で済むようでしたら、思っていたよりも安い費用でなんとかなるかもしれませんよね。
ですから、企業診断をしてもらうことは、コンサルタント費用の見積もりにもなるでしょう。

会社の基礎体力と言うものはとても重要です、体力をつけて、この不景気を乗り切らなければなりません。
そのためには、会社の基盤をしっかりとすることが必要です。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

企業診断とコンサルタントその3

これらを診断する、中小企業診断士と言う資格もあり、国家資格の中でも人気がある資格と言われています。
中小企業診断士と言うのは、「中小企業支援法」と言う法律に基づいたもので、経済産業大臣が登録する国家資格です。
仕事内容としては、経営の診断、または経営に関する助言と言うことになります。
中小企業に対して、専門的立場から、経営などの診断を行い、助言をする、コンサルタントなのです。

とは言っても、中小企業診断士は業務独占資格ではありません。
ですから、この資格がなくても、コンサルタントになれます。
それでも、この資格を取ろうとしている人が多く、人気があることは、「中小企業診断士」という肩書きの魅力でしょう。
いざ、コンサルタントをするときに、この資格がものを言うのです。
国家資格ですから、この肩書きがあれば、相手から信用されることは間違いありませんからね。

企業診断をする際、1つの分野から見るだけではありません。
様々な分野からの角度を変えて見ることで、いろいろなことがわかります。
ですから、各分野のコンサルタントが何人もチームになって取り組まなければならないことから、その費用はとても高くついてしまいます。

これらの費用が高いからと言って企業診断をあきらめることはありません。
簡単なものでしたら、格安で出来るものもあります。
また、質問に答えるだけの無料の診断をやっているサイトもありますから、まずは簡易診断をしてみるのも手でしょう。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

企業診断とコンサルタントその2

もちろん、原因を追究、改善したいためにコンサルタントにお願いする会社もありますが、まずは会社を診断してみてはいかがでしょうか?
「会社を診断する」、この言葉は経営者以外の人にとっては聞きなれない言葉ではないでしょうか。
わかりやすく言ってみれば、会社の健康診断と言ったところでしょう。
この会社を診断することは、「企業診断」と呼ばれています。

私達の体も健康診断を受けることはとても良いことですよね?
どこか不具合があるときはもちろん、病院で診察してもらうでしょうが、何処も悪くいときも健康診断は必要です。
なぜなら、一見、どこも悪くないように見えて、実は悪いところが体の奥深くに隠れているかもしれないからです。
何か病気が潜んでいた場合、早期発見し、早期治療することが重要ですからね。

会社も私達の体と同じなのです。
このままの経営で行ったら、この先、大丈夫なのか、改善する点はないのか、このようなことが、企業診断によってわかります。
見えなかった部分も見えるようになるのです。
これはまさしく、会社における病気の早期発見となります。

では、企業診断と言うものはどのようにして行われるのでしょうか?
経営コンサルタントを依頼すると、会社を訪問し、質問をしたり、財務診断をしたりします。
また、実際に現場を見ることもあります。
細かい企業データをもらって、それを分析します。
そして、総合的に企業診断をするのです。
こうして客観的に会社を見ることで、改善しなければならないところが浮き彫りとなってきます。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

企業診断とコンサルタントその1

会社を経営するために力を貸すコンサルタント、経営コンサルタントと呼ばれている人がこれに値します。
しかし、コンサルタントと言っても、投資コンサルタントや、財産管理コンサルタントなど、いろいろありますよね。
ですが、経営コンサルタントと言えば、税務のことについて相談したり、財務のことについて相談したりするのは、公認会計士、または税理士などです。
労務関係のアドバイスが欲しいと思ったら、社会保険労務士にお願いするでしょう。

また、公的書類が必要な場合、司法書士などに依頼します。
最近では、ITコーディネータと言う業種も出てきましたし、情報関連を専門にしているコンサルタントもいます。
資産の管理、運用については、ファイナンシャル・アドバイザーと呼ばれているコンサルタントも活躍しています。

簡単に言ってみれば、コンサルタントと一言で言っても、依頼したい内容によって依頼先が違ってくるということです。
会社が、または自分が相談したいとき、依頼したいとき、それぞれの分野に合ったコンサルタントを探さなければなりません。

公的書類の作成を依頼したいときや、ITでの情報発信など、目的がはっきりしている際は、コンサルタントも探し易いですよね。
ですが、会社が業績不振だったり、いまいち、伸び悩んでいたりする時など、いったい、何処が悪いのか、何処に原因があるのか、それともこのままで大丈夫なのか、まったく分からないままコンサルタントを依頼するわけにもいきません。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントの問題解決その3

その会社が作っている商品が、またはサービスが、本当に良いものなら、黙っていても、宣伝しなくても、勝手に売れるというわけではありません。
もちろん、口コミで良さが伝わり、宣伝しなくても売れるというケースはたまにあります。
ですが、それは運の良い会社でしょう。

どうやって売っていくか、営業していくか、宣伝していくかと言うことも、その事業が成功するか失敗するかを左右すると思います。
何かがきっかけで、爆発的に売れる商品もたまにありますが、真面目に商売を行っていることが大切だと思うのです。
信用を得るには時間がかかるものですよね。
反対に信用を失うのは一瞬ですが。
コンサルタントの仕事はビジネスを成功させることですから、こうした助言ももちろんしていることでしょうね。

お話したようにコンサルタント業務は、その会社で起きた、ある問題の原因を追究して、それを改善していくことですが、それだけではありません。
ゼロからの物を会社と一緒に作り出すようなプロジェクトで動く場合もあります。
どちらにせよ、会社が売り上げアップしたり、業績アップしたり、会社の役に立ってこそ、コンサルタントの役目を果たしたと言えますね。

もちろん、コンサルタントに払う費用も高いでしょう。
ですが、それで会社が良い方向に向かうのなら、安い勉強料だと思えば良いでしょう。
コンサルティングで得たことが会社の宝となって、それ以後、自力でがんばれば良いのですから、ある期間、助けてもらうのも良いかもしれませんね。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントの問題解決その2

他にも何が問題なのか考えてみると、「営業ルートが悪いのか?」、「営業マンが悪いのか?」と思う会社もあるかもしれません。
また、「販売方法が間違っているのか?」と考える場合もあります。
通販でも、店頭販売でも、その販売方法が商品に合っていないかもしれないと、それが売れない原因かもしれないと思うわけです。
これらが本当に原因なのかどうか、問題をあげて行きながら、追求して行くのです。

会社側も一生懸命に原因を考えて、改善しようとしているのでしょう。
社員だけで、解決できたら一番良いですからね。
コンサルタント料金もかかりませんし、経費も節約できますから。

ですが、自分たちの力だけでは無理だと思った場合、コンサルタントに依頼しますよね。
コンサルタントも、これらの問題点を予想してあげてみたものの、もちろん、どこが悪いのかはすぐにはわかりません。
これからが大事な仕事であり、コンサルタントは、それをひとつずつ、チェックしていきます。

商品が悪いのかどうか、コンサルタントの助言で、再度、商品テストをしてみたり、市場調査してみたりして、調べることしょう。
また、値段について、高いか安いのか、他の類似した商品と比べて適正であるかチェックするでしょう。
こうして、疑わしいことをひとつずつクリアして行き、最終的に問題点を絞り込みます。
もちろん、問題点はひとつだけではない場合もあるでしょう。
複数の原因が重なって悪いほうに行っていることもあります。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントの問題解決その1

コンサルタントと言う仕事、そのひとつに、会社に起こっている様々な問題を解決することがあります。
ご存知のように会社によって、その問題とは著しく違っています。
何をしている会社なのか、製造しているのか、売っているのか、サービスを売っているのか、会社の業務によって解決しなければならない問題は違っているでしょう。
ですが、その問題の根源は同じなのです。
それはどう言うことなのでしょうか?
ある問題が発生してしまった場合、その背景に原因があると考えられます。
原因があるから問題が起こる、これはどの会社にも共通していることです。

例えば、商品を売る会社の場合、その問題が、売れ行きが悪いことだとしましょう。
売り上げが上がらない、商品が思うように売れずに在庫過剰になってしまうなど、販売業には必ず付いてくる問題だと思います。
これらの問題をコンサルタントに依頼して解決してもらう会社もあるでしょう。

その場合、コンサルタントはどうして売れないのかその原因を追究し改善して行きます。
原因がわかれば改善する方法も見つけられるからです。
どんな企業にも同じように解決策はあるはずなのです。
問題が起こった背景を、分析してみれば何が悪くてこうなったのかがわかってきます。

例えば、単に「商品が悪いから売れないのか?」と悩んでいる会社もあるでしょう。
また、「商品が高すぎるから売れないのか?」などと考える場合もあります。
それとは逆に「安すぎて信用されないから売れないのか?」などと考えるケースもあるでしょう。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントを選ぶその3

例えば、業務優先でやり手であれば、他は問わないと言った極端なケースもあるでしょう。
ですが、やはり人間ですから、仕事をやりやすい人が良いのではないかと、私は思うのです。
仕事をするにはチームワークが必要ですし、雰囲気の良い会社は働き易く業績も上がると思われます。
人間関係が悪いと働く気も起きませんし、会社に行きたくなくなりますよね。
ですから、会社に入ってくるコンサルタントも人柄は結構大切なのではないでしょうか。

人が良いコンサルタントだとしても、担当する実務に対してあまり知識がない人も困りますよね。
コンサルタントの知識、資質については、プレゼンテーションの時や、相談、事前打ち合わせの際に質問すれば、ある程度はわかります。
専門用語に対して、素人感覚で、どういう意味なのか質問してみることです。

もちろん、自分で理解していたとしても、テストの意味で質問してみるのも良いかもしれません。
たとえ、説明出来たとしても、やはり専門用語が使われていて結局のところわからないケースもあるでしょう。
コンサルタントが自分の言葉で噛み砕いて説明できないことはちょっと不安ですよね。
これから一緒に業務改善に取り組むパートナーとしては、力不足と考えて良いのではないでしょうか。
以上、いろいろと説明しましたが、コンサルタントの選び方、おわかりになったでしょうか。
コンサルタントを決める、コンサルティング会社を決めるときは、いろいろと選ぶ基準を自社なりに決めて置くと良いと言うことですね。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントを選ぶその2

ですから、コンサルティング会社を選ぶのではなく、まず、実際に担当するコンサルタント個人に焦点を当てると良いでしょう。
その結果、良いコンサルティング会社を選ぶことになるのです。
何度も言いますが、コンサルティング会社の知名度などに惑わされないようにしたいものです。
有名だから良いというわけではありません。
有名なコンサルティング会社にお願いしたのなら、必ずしも自分の会社に合ったコンサルタントが担当してくれるわけではありません。

ですから、コンサルタントを依頼したい場合、自分の会社は、どのようなタイプのコンサルタントを必要としているのか、依頼する前に、今一度、確認してみると良いでしょう。
例えば、連絡、相談などの綿密さが必要だとか、どんな細かいことも報告してくれるような人が良いとかありますよね。
また、ある程度、ぐいぐい引っ張ってくれる人か良いとか、物事をズバズバとはっきり言って欲しいとか、タイプがあるでしょう。
業務とは直接関係なくても、コンサルタント個人の性格などもあるでしょうから、仕事のやりやすい相手を選びたいと思う担当者もいるでしょう。

コンサルティング業務の中でも、特にプロジェクトとして動く際は、人柄も重要ではないでしょうか。
コンサルタントが、社員と一緒になってプロジェクトをやりとげるのですから、コンサルタントの性格や、コミュニケーション能力などが問われるでしょう。
ですから、コンサルティング会社に依頼する場合は、こちらが希望する「コンサルタントの好み」を明確に伝えることが大切だと思います。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントを選ぶその1

みなさんがご存知のように、コンサルティングの会社は本当に沢山存在します。
インターネットで検索してみても数多くの会社がヒットします。
沢山のコンサルティング会社の中から、自分の会社に有益になるものを選ぶことは難しいことですよね。

会社の大切な経費を使って、コンサルティング会社に費用を支払うのですから、良いコンサルティング会社を選びたいものです。
では、コンサルタント選びに失敗しないために、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

それには、コンサルティング会社を選ぼうとするのではなく、コンサルタント、個人を選ぶことを優先すると良いと言われています。
コンサルティング会社と契約しても、結局、活躍するのは個人です。
コンサルタントには、それぞれ、個人の能力、資質、得意分野などが当然ながらありますよね。
ですから、大手のコンサルティング会社だからと言って安心できるということではありません。
どんなコンサルタントが派遣されるか、その人によりますからね。

では、どのようなコンサルタントに自社を任せられるのでしょうか?
それは、それまでの職業として、事業会社での実績がある人が好ましいでしょう。
事業会社で、実際にコンサルタント業務を行っていた十分な経験がある人も好ましいと言えます。
コンサルティング会社の中でも、重要になるのは、自分の会社を担当するコンサルタントなのですから、依頼前に担当者の経験を確認したいものです。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

プロデュースするコンサルタント

コンサルティングと呼ばれている仕事の中には、プロデュースをするタイプの業務もあります。
プロデュースをするとは、ゼロから作り上げていく、またはゼロからでなくても何かを作り上げていくということです。

これは、店舗や会社などが、自分だけでは上手く出来そうもないので、どうしたらいいか、その方法や進め方をコンサルタントに任せると言ったやり方です。
コンサルタントは、それまで培ってきた、業界についての知識やノウハウで、クライアントを成功に導きます。
お客さんがどのようなものを求めているのか、それを汲み取って、業務に生かす仕事と言えます。

例えば、新しくラーメン屋さんをオープンさせる人がいるとしましょう。
メニューや価格、店の内装など、新規店舗のためのノウハウをコンサルタントから購入するわけです。
経験豊富なコンサルタントは、いま、どのようなニーズがあるのか、成功しているお店の分析データも基にして、どのようなラーメン店が流行るのかアドバイスをします。

ただ、ラーメンが好きでお店を持ちたい人には、営業のノウハウは持っていないし、戦略については素人ですから、わからないですよね。
こうした場合に、コンサルタントに「コンサルタント料」と言うお金を払い、どうしたら良い店が作れるか、どうしたらお客さんが沢山来てくれるか、相談するわけです。
相談を受けたコンサルタントは、自分の知識、経験を生かし、その店が成功するように力を貸します。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

評論をするタイプのコンサルタント続き

また、ニュース番組で、経済状況を分析したり意見を述べたりするのが、経済評論家ですよね。
こうした評論家たちもまた、コンサルタントを行っていると言えます。
個人の趣味でラーメン評論家と言うひともいるくらいですから、本当に様々な評論家、コンサルタントが存在するということです。

さて、このようなコンサルティング業務として、物事を評論するためには、コンサルタントの経験が豊富ではないと出来ない仕事だと思います。
それまでの経験、豊富な知識がないと、専門分野に対しての評論は出来ませんし、物事について語れませんよね。

コンサルタントを雇う側が良く言うことは、コンサルタントは、その質がピンキリであるということです。
と言う事は、それほど役に立たない人もいるということですが、実際に、必要な経験や知識に乏しいコンサルタントもいるようです。
ですから、コンサルタント選びには、当り外れがあると言います。
結果が出ないことで、無駄なお金を使ったことになった、と言うことが聞かれるケースもあるからです。

また、評論については、理想論ばかり提案している人がいるなどの批判もあります。
コンサルタントの資質や、または能力を問われる仕事ですので、クライアントがどんなコンサルタントを雇うか、当然、人によりけりなのです。
それなりの費用をかけて、会社側はコンサルタントを雇うのですから、その点、能力のないコンサルタントを使ってしまったら困ったことになります。
お金ばかりがかかってしまい、何もならなかったと言うような、批判も度々聞かれることは事実です。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

評論をするタイプのコンサルタント

コンサルタント業務はいろいろなタイプがあり、これまで、問題を解決するタイプの業務の説明と、研修をするタイプの業務をご説明しました。
次は評論するタイプのコンサルティングについてご紹介しましょう。

評論することを仕事にしているコンサルタントの方は結構いらっしゃいます。
これも、コンサルティング業のひとつですからね。
この場合、評論の文章を作成する、所謂、執筆の仕事をすることがメイン業務となります。
一般の消費者を対称として、コンサルタントが自分の考え、意見を表明すると言うことです。
ですから、企業や個人など、特定のお客さんではなく、一般消費者向けに評論を出していると言えます。
実際に商品やサービスを提供されるほう、お客さん側になって評論をしているのが、評論をするタイプのコンサルタントとなるわけです。

では、実際にはどのようなコンサルタントがいるのでしょうか?
例えば、レストランなどの飲食店を評論するのはグルメ評論家ですね。
また、新車が発売されたら、それについて批評をしたり、どの車がどのように良いのか評論したり、車について評論を書いているのが、車評論家です。
それから、流行の洋服など、ファッションの評論をするのがファション評論家であり、テレビ番組でも良く見かけますよね。
街中を歩く人の着こなしをチェックしたり、批評したり、コメントしたりしていますよね。
それから、戦争などをテーマにした番組などで軍事について語る軍事評論家を見たことがあると思いますが、このような人は軍事コンサルタントとも呼ばれています。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

研修をするタイプのコンサルタント続き

接客コンサルティングの場合、接客に対して全くの素人に教える場合は、基本から教えることになります。
ですが、すでに接客業をしている人たちの再教育となると、そのメニューも違ってくるわけです。
このようなことから、研修をするタイプのコンサルティングとは、自分が持っているノウハウの中から、今回、必要とするものを出すというイメージです。
問題を解決するタイプとは、違い、問題点は事前に用意されているわけではありません。
どのお客さんを扱うときも、基本は一緒ですから、その点から、接客のノウハウを教えることになります。

また、接客をする以前のこと、例えば、挨拶ですとか会釈ですとか、そういったこともコンサルタントは教えてくれます。
それから、お客さんに清潔感を与える服装はどんなものか、接客業をする人のメイクはどのようにしたら良いのか、身だしなみについても教えてくれます。
社員全員が、これらを守るように努力すれば、会社全体のイメージアップに繋がることは必然ですからね。

研修をするタイプのコンサルタントは、社員研修を担当する業務だけではありません。
研修と言う意味を広義に捉えると、スポーツ界にも当てはまるのです。
トレーナー、コーチは、各分野でノウハウを教えていることになります。
コーチングと言う言葉もあるくらいですからね。
スポーツ関係で、指導する人もコンサルタントと呼ぶべきなのでしょう。
ですから、コンサルタントと言っても、実にいろいろな業界の仕事があるわけです。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

研修をするタイプのコンサルタント

コンサルティング業界には、研修をするタイプのコンサルティングもあります。
問題を解決するこのコンサルティングと違って、クライアントに欠けている部分を研修の形で補うのです。
これには、それまでの経験も物を言いますが、ノウハウや専門知識も豊富でなければ、このコンサルタントは勤まりません。

代表的なものが、良く聞く、接客コンサルティングではないでしょうか。
接客のノウハウを社員に教え込むような、研修をするタイプの業務です。
もちろん、新人研修もそのひとつでしょう。
新入社員に教え込むことも良くあることです。

接客コンサルティングの場合、お客様をいかに心地よくさせるか、その接客方法を教えたり、クレームを言われたときの対処方法などを教えたりするのです。
他にも、いろいろな場面に合った対処法を教えることがコンサルタントの仕事です。
臨機応援が求められる接客業ですが、基本さえ抑えておけば大丈夫でしょう。
あとは経験ですからね。

接客コンサルタントが教えることは、職種を問わず共通して使えるノウハウです。
ホテルでも、レストランでも、店頭で何かを販売する際も、普通の会社でお客さんを迎えるときなども、接客は、どんなタイプの仕事でも必ずありますからね。
また、研修を受ける側に合わせて、コンサルタントは研修内容を組み立てたり、変えて行ったりすることになります。
例えば、新入社員に接客業とは何かを教える研修なのか、すでに働いている人たちへの研修なのかで、教える内容も変わってきますよね。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

問題を解決するタイプのコンサルタント

コンサルティング業務の中でも、問題を解決するタイプのコンサルタントがあります。
例えば、人事コンサルタント、戦略コンサルタント、ITコンサルタントと呼ばれる人たちが、そうです。
このような人達は会社が抱える問題を解決するように、自分が持っているノウハウを使ってアドバイスします。
例えば、会社の経営常態が悪化している場合、それを改善させるように働きます。
実際にどのようにしたら、問題を解決出来るのか、過去のデータ、現状分析などをして、良い方向に導きます。

こういう問題はこうしたら解決するというような、決まったものはありません。
会社に応じて、また、状況に応じて、最適のアドバイスをするために、持っているノウハウをフルに使うわけです。
お客さんによって、抱えている問題も違いますし、業種が違えば、問題となっていることも全く種類の違うものになるわけです。
所謂、一軒一軒、オリジナルの提案になるわけです。
それには、やはり、過去のデータ分析が重要になり、違った職種をコンサルタントするとしても、過去の経験が物を言うのだと思います。

問題を解決するタイプのコンサルティングをする場合は、コンサルティングしたことによって、どれだけの実績が上がったか問題です。
会社の経営状態が改善されたか、売り上げが上がったのかなど、その成果が問われる仕事です。
このようなコンサルタントをする場合は、クライアントの会社からも協力者を出してもらい、チームを作ります。
そして、一緒に解決して行く方法が多く取られています。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントについてその2

また、証券アドバイザーや、ワインソムリエなども、言って見ればコンサルタントだと思います。
それから、結婚式や披露宴を演出するのは、ブライダルコンサルタントです。
スポーツ界にもコンサルタントは存在していて、各スポーツのトレーナー、コーチなどもコンサルタントだと言えます。

要するに、人に何かを教えることで、プロとしてお金をもらえる人はコンサルタントと言えるでしょう。
一般にコンサルタントと言うと、会社の経営について相談する経営コンサルタントのイメージがあると思います。
ですが、コンサルタントは、それだけではなく、様々な方面に活躍しているのです。

そうなると、一言でコンサルタントと、くくることが出来ないような気もしますよね。
ですが、コンサルタント業務はその仕事内容で4分割することが出来ます。

では、どのように分割されるのか、ここでご紹介しましょう。
その仕事内容で、どのようなタイプのコンサルタントになるのか、分けることができます。

まず、ある問題を解決するためにコンサルタントをするタイプがあります。
また、研修をするタイプのコンサルタント業務もあります。
それから、何もないところから作り出すタイプのコンサルタント業務もあります。
また、すでにあるものを評論するタイプのコンサルタント業務があります。
こうして4つに分けてみると、コンサルタント業界と言っても、タイプによって、違った仕事をしているのだということがわかりますよね。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする

コンサルタントについてその1

みなさんは、職業で「コンサルタント」と言うものをご存知でしょうか?
この世の中には本当に沢山の業界があり、膨大な種類の仕事があります。
その中のひとつ、コンサルティング業界と言うものがあり、その中で仕事をする人がコンサルタントと呼ばれるわけです。

これは、自分、または会社が持っている知識や、ノウハウ、または戦略などをお客さんにアドバイスする仕事です。
アドバイスすることから、別名でアドバイザーとも呼ばれていますが、それもコンサルティングの仕事だと思います。

そもそも、コンサルティングとは、英語でconsultingと書き、業務または業種に対しての専門知識を持って、会社の外部から客観的に観察、問題点を指摘、または、改善する業務とされています。
簡単に言えば、第三者として会社にアドバイスをし、環境整備や、売り上げ向上などに貢献することだと言えます。

一般のサラリーマンと違って、ちょっとカッコイイ響きでもある職業ですから、コンサルティング業界に転職したいと思っている人も多いようですね。
確かに与えられた仕事をするだけではない業種ですから、やりがいもある職業だと思います。

さて、ひと言でコンサルタントと言っても、何を対象とした仕事なのか、どのような職種の企業、または個人を相手にするかで、コンサルタントがする業務内容も変わってきます。
例えば、ホテル、レストラン、または一般の会社で、接客について教える、コンサルタントもいるでしょう。
それは接客コンサルタントと呼ばれます。
posted by こんさる at 21:01 | TrackBack(0) | コンサルタント | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。